メディア掲載

世界人権デーに合わせ、ノーベル賞作家らも参加する個人情報監視(mass surveillance)反対のキャンペーンが開始

海外の署名キャンペーンご紹介です。

昨日12月10日は世界人権デー。これに合わせて、世界的なノーベル賞作家などが参加する、国家による個人情報の監視に反対する署名キャンペーンが始まりました。

http://www.change.org/petitions/a-stand-for-democracy-in-the-digital-age-3

インターネット上の新たなプライバシー、人権を確立するよう呼びかけるもので、独作家ギュンター・グラス氏(86)、トルコの作家オルハン・パムク氏(61)など5人のノーベル賞作家を始め、世界中の著名な作家が賛同人として名を連ねています。

また、この署名の取り組みが、昨日の東京新聞でも取り上げられましたので、ぜひご覧下さい。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013121002000259.html

Written by
Change.org
12月 11, 2013 3:39 am