注目のキャンペーン

株式会社コーセーに対して動物実験廃止の期日を明示するよう求める署名キャンペーンがChange.orgで開始

この度、オンライン署名プラットフォームのChange.org(チェンジ・ドット・オーグ)において、化粧品業界シェア3位の株式会社コーセーに対して、動物実験廃止の期日を明示するよう求める署名キャンペーンが開始されたことをお知らせします。

■Change.org上のオンライン署名ページ

http://chn.ge/YHfCo7

※ 賛同者の数など、常に最新の情報がご覧いただけます

■署名キャンペーンを開始したソーレスウェザフォード彩弥さんのコメント

動物実験の写真を見てみてください。しばられて、化学薬品を目に滴下されているうさぎが何千羽もいます。実験が終わったら、動物たちは殺されてしまいます。「美」を追求する裏側で、毎年多くの動物たちが犠牲になっているのです。

私 は、Facebookで友人が教えてくれたことがきっかけで、動物実験のことを知りました。 それから、動物実験を行っていない会社からコスメを買うようにしていますが、とても難しいです。国内のほとんどの大手コスメメーカーは、まだ動物実験をし ています。コスメを購入する前に、いつもネットで調べなくてはなりません。

3月のはじめに、資生堂が動物実験を原則廃止すると言うニュースを見て、感激しました。それからたった数日後に、マンダムも動物実験をしないと発表しました。

私は資生堂とマンダムにつづいて、コーセーにも動物実験を廃止してほしいと思って、このキャンペーンをはじめることにしました。コーセーは、雪肌精、Esprique、ヴィセなど、私みたいな若い女性向けに、コンビニでも買える手頃な値段のコスメを作っていています。

以前のようにコーセーからコスメを買えるようになれば、とても嬉しいです!そして国内シェア3位の大きなコスメメーカーなので、コーセーの行動は、他の会社にもいい影響を与えると思います。

な お、コーセーは既にこの問題に対して前向きな姿勢を示しています。JAVA(NPO法人 動物実験の廃止を求める会)が2010年に行った調査でコーセーは、動物実験を最小限に抑えていると回答しています。また、「動物実験を廃止する事ができ る日が一日も早くことを強く望んでおり、昨今の業界他社の動向には大きな関心をもってうけとめています。今後も動物実験の廃止に向けて協力してまいる所存 です。」とも書いています。

しかし残念ながら、最近お客様窓口に電話したときには、いつ動物実験を廃止するか、具体的な時期はわからない、と説明していました。

コーセーの小林一俊社長は、公式サイトで「”美しさ”とは、外見だけではありません」と言っています。まさにそのとおりだと思います。本当の美しさに、動物の犠牲はいらないはずです。

小林社長とコーセーが、資生堂やマンダムのように、動物実験を廃止する具体的な時期を明らかにするよう、私と一緒に呼びかけてください。どうぞよろしくお願いします!

■社会的背景

2013年3月、内最大手の資生堂は、 2013 年 4 月から開発に着手する化粧品・医薬部外品における社内外での動物実験を廃止を宣言。その直後、株式会社マンダムも動物実験を廃止すると発表しました。

http://group.shiseido.co.jp/releimg/2133-j.pdf

http://www.mandom.co.jp/eco/src/society_animal.html

資 生堂は、動物愛護の観点から化粧品における動物実験の廃止を目指すことを2010 年 3 月に宣言していました。その後、代替法をはじめとする安全性保証の開発をより積極的に進め、さらに、有識者・学術関係者・動物愛護団体などのステークホル ダーと、化粧品の動物実験廃止に向けて意見交換を行う場として立ち上げた「化粧品の成分の動物実験廃止を目指す円卓会議」を、2010 年 6 月から 2013 年 1 月までに 5回開催し、関係者との議論を深めました。その結果、資生堂は動物実験を用いない新たな安全性保証体系を確立したとしています。

なお、欧州連合(EU)は今年3月から、代替法が確立されているかどうかにかかわらず、動物実験が行われた化粧品完成品、原料および配合原料の販売を禁止しています。

 

■Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)とは

Change.org(本社:米国 CEO:ベン・ラトレイ)は「変えたい」気持ちを形にする、 ソーシャルプラットフォームです。現在は、オンライン署名サービスを提供することでユーザーの「変えたい」 という気持ちを形にするお手伝いをしています。

2007年にサイトが開始され、2013年現在、196カ国に住む2,500万人以上のユーザーが Change.orgを使って思いをとどけ、社会を改善しています。

日本語版URL: http://www.change.org/ja

Written by
Change.org
3月 19, 2013 6:40 am