キャンペーンのヒント

成功するキャンペーンの共通点とは?

Change.orgのスタッフは、これまで多くの成功例を分析してきました。
その分析から見えてきた、成功するキャンペーンの共通点をご紹介します。

(1)成果につなげやすい具体的な目的を選んでいる
「世界の貧困を解決する」といった抽象的な目標ではなく、例えば、「A国の難民キャンプが十分な食料を得られるよう、追加資金援助をしてほしい」といった方が、結果に向けた明確なステップが取りやすいです。
明確なステップがとりやすいと、署名する人が現実的だと感じやすくなるので、効果的です。また、どう対応すればよいかのイメージを、働きかける相手に提供することができます。成功するキャンペーンは目に見える具体的な成果を目標として選んでいます。

(2)賛同者の署名とメッセージが直接相手へ届けられている
ネット上で署名を集めて満足するのではなく、署名やコメントを印刷して担当者に届け、伝えることが重要です。直接的なコミュニケーションが効果的なキャンペーンの基盤となります。
また、Change.orgでは働きかけたい相手のEメールアドレスを設定した場合、 署名が増え続けていることが通知されます。

(3)ソーシャルメディアを活用して話題と支持層を広めている
成功したキャンペーンの多くが、上手にFacebookやTwitterなどのオンラインコミュニティをうまく活用して賛同者の数を大幅に延ばしています。
Change.orgでは、キャンペーンを発信した後、ソーシャルメディア活用法や賛同者を集めるヒントを無料でメールで提供しています。

(4)オンラインだけでなくオフラインでも活動している
数多くのメッセージが責任者へ発信されても、反応が無いという場合もあります。そういうときでも、キャンペーンをオフラインへ展開していけば、成果をあげやすくなります。電話をかけたり、記者会見を開いたり、カンファレンスを主催するなど、まわりの関心を維持して、変化を起こすためには、オフラインでの活動が欠かせません。

いかがでしたでしょうか。あなたが進めたいキャンペーンの参考になれば嬉しいです。

Written by
Change.org
3月 8, 2013 9:10 am