成功事例

自閉症スペクトラム障害への意識を高めるキャンペーンで使われた不快なスローガンが使用中止

自閉症スペクトラム障害への意識を高めるキャンペーンで使われた不快なスローガンが使用中止になりました!

http://www.change.org/petitions/autism-south-africa-remove-offensive-billboards-and-adverts

オーティズム・サウスアフリカ(ASA)が自閉症スペクトラム障害への認識を高めることを目的として始めたキャンペーンでは、「自閉症は黒人だけの症状」、 「自閉症は白人だけの症状」、 または「自閉症は暴力的な人の障害」という不快なスローガンが戦略的に使われていました。

このスローガンをASAのホームページで見た南アフリカに住むサマンサさんは、広告会社House of Braveの代表に対して、広告の使用中止を求めるオンライン署名を立ち上げました。たった100人ほどの賛同者が集まったことで、ASAは自身のホームページで謝罪の文面と、直ちにキャンペーンを中止することを発表しました。

case2013-autism-sa

ASA ホームページ:http://www.aut2know.co.za/

働きかけるためには、必ずしも賛同の数が多くなければならないという訳ではありません。106名という決して多くない人々の思いが形になったキャンペーンです。

Written by
Change.org
6月 13, 2013 9:49 am