成功事例

ペプシコ社、差別的な広告について謝罪

大手飲料メーカーのペプシコが制作したCMが、アフリカ系アメリカ人を侮辱的に描写しているとして、エイドさんが謝罪とCMの配信中止を求めたところ、196人の賛同でキャンペーンが成功しました。

http://www.change.org/petitions/pepsico-apologize-withdraw-your-racist-mountain-dew-commercial

問題のCMは、炭酸飲料「マウンテンデュー」を宣伝するもので、ペプシコ社のウェブサイト上で配信されていました。

エイドさんによると、キャンペーンを発信してから48時間以内に、ペプシコ社の幹部から連絡があったと言います。

CMはマウンテンデューのウェブサイトから削除され、また、会社から正式な謝罪があったとのことです。

このキャンペーンで働きかける相手として選ばれたのは、マーケティングを担当するペプシコ社副社長でした。CMについて実際に責任を負う人物を選んだことが、迅速な対応につながったと考えられます。

Written by
Change.org
5月 21, 2013 8:08 am