成功事例

テキサス州保健福祉委員会健康保険の再加入を認める

テキサス州保健福祉委員会、健康保険の再加入を認める 移植手術を受けるため待機患者リストに登録していたジョージさんは、州の制度改革により健康保険を変更したところ、リストから除名されてしまいました。 そこで、姉がキャンペーンを開始。39人の賛同と州議員の助力により、保険再加入とリストへの再登録に成功しました。

https://www.change.org/petitions/texas-department-of-health-and-human-services-commission-put-my-brother-george-cox-back-on-traditional-medicaid

幼少期から慢性肝疾患をもつジョージさんは、ベイラー医科大学病院の肝臓移植手術の待機患者リストに登録されていました。

アメリカの公的医療保険制度には、低所得層・障がい者向けのメディケイドというものがあります。 そのメディケイドに加入をしていたジョージさんですが、テキサス州の保健福祉委員会がメディケイドの制度改革を実施したため、ジョージさんは他の健康保険に加入することになりました。

ところが、ベイラー医科大学病院は、ジョージさんが新たに加入することになった健康保険を受け入れていなかったため、ジョージさんは待機患者リストから名前を外されてしまいます。

さらに困難なことに、新たな保険が提携している病院で、移植手術を行っているところはありませんでした。

メディケイドに再加入できれば、ベイラー医科大学病院の待機患者リストに名前を再登録できると言われた彼の母親は、再加入が必要な旨を記載した医師から手紙を添えて、メディケイドへの加入を申請しました。

ところが、委員会からの返事は“No”でした。 これに対し立ち上がった姉のミンティーさんは、州の保険福祉委員会に対し弟のメディケイド再加入を求めキャンペーンを立ち上げます。

キャンペーンには39人の賛同がありました。また、ミンディーさんは直接州議員にも掛け合い、議員の事務所スタッフの力も借り、見事ジョージさんがメディケアに再加入する方法を探しだし、移植手術の待機患者リストに名前を再登録することに成功したのです。

Written by
Change.org
5月 17, 2013 8:09 am