成功事例

英国内務省、亡命希望者の滞在を許可

英国内務省、亡命希望者の滞在を許可 イギリス国籍を持ち南アフリカで生まれたタットさんは、南アフリカ人のディードレさんと結婚。子ども2人と一緒に、家族4人で南アフリカで暮らしていました。 しかし、ディードレさんとタットさんは離婚。タットさんは、その後イギリスに移り住み、2人の子どもは母親と南アフリカに残りました。 イギリスに移住後、タットさんは婚約者であるクレアさんと、2人の子どもの7カ月のジェイクくんとクレアさんと前夫との子どもで7歳になるケイトリンちゃんとランカシャーに住んでいます。 そんな最中、南アフリカで元妻が急死。タットさんは8歳と5歳になる幼い2人の子どもをイギリスに呼び寄せ、一緒に暮らし始めました。 しかし、改訂されたイギリスの移民法では、年収22500ポンド以下の家庭に亡命希望者が滞在することが許可されていません。 英国内務省は収入が少ないタットさんと産休中のクレアさん一家に、南アフリカから移住した幼い子ども2人が滞在することを許可せず、2人は3月中に国外退去を求められていました。 南アフリカのとあるソーシャル・ワーカーは、タットさんが子どもたちと南アフリカに戻れば、白人であるために攻撃の標的になる危険性を警告しました。 タットさんは言います。「なぜ南アフリカに帰らないのかと言われますが、私の家族はここイギリスにいます。家計の経済状況が厳しいことは分かっています。もし元妻が生きていれば、無理に2人をイギリスに連れてこようとはしません。しかし状況が違います。2人と一緒に、ここで安全な暮らしがしたいんです。彼らには父親である私しかいないのです。」 この親子のストーリーを知ったニューヘブンに住むヘンリーさんは、内務省長官と国境局長に対してキャンペーンを始め、この問題をより多くの人に知ってもらい賛同者を増やすためにBBCやメディアにも掛け合いました。国外退去の期日が迫る3月上旬、ついに2人の子どもたちの滞在許可が認められました。 https://www.change.org/petitions/stop-the-deportation-of-these-children-to-south-africa

イギリス国籍を持ち南アフリカで生まれたタットさんは、南アフリカ人のディードレさんと結婚。子ども2人と一緒に、家族4人で南アフリカで暮らしていました。 しかし、ディードレさんとタットさんは離婚。タットさんは、その後イギリスに移り住み、2人の子どもは母親と南アフリカに残りました。

イギリスに移住後、タットさんは婚約者であるクレアさんと、2人の子どもの7カ月のジェイクくんとクレアさんと前夫との子どもで7歳になるケイトリンちゃんとランカシャーに住んでいます。

そんな最中、南アフリカで元妻が急死。タットさんは8歳と5歳になる幼い2人の子どもをイギリスに呼び寄せ、一緒に暮らし始めました。

しかし、改訂されたイギリスの移民法では、年収22500ポンド以下の家庭に亡命希望者が滞在することが許可されていません。 英国内務省は収入が少ないタットさんと産休中のクレアさん一家に、南アフリカから移住した幼い子ども2人が滞在することを許可せず、2人は3月中に国外退去を求められていました。

南アフリカのとあるソーシャル・ワーカーは、タットさんが子どもたちと南アフリカに戻れば、白人であるために攻撃の標的になる危険性を警告しました。

タットさんは言います。「なぜ南アフリカに帰らないのかと言われますが、私の家族はここイギリスにいます。家計の経済状況が厳しいことは分かっています。もし元妻が生きていれば、無理に2人をイギリスに連れてこようとはしません。しかし状況が違います。2人と一緒に、ここで安全な暮らしがしたいんです。彼らには父親である私しかいないのです。」

この親子のストーリーを知ったニューヘブンに住むヘンリーさんは、内務省長官と国境局長に対してキャンペーンを始め、この問題をより多くの人に知ってもらい賛同者を増やすためにBBCやメディアにも掛け合いました。国外退去の期日が迫る3月上旬、ついに2人の子どもたちの滞在許可が認められました。

https://www.change.org/petitions/stop-the-deportation-of-these-children-to-south-africa

Written by
Change.org
3月 28, 2013 6:32 am