キャンペーンのヒント

Change.orgの良きライバルたち

Change.orgは、世界最大の署名プラットフォームです。
そうです。「世界最大」であって、「世界唯一」ではありません。

Change.orgには、良きライバルたちがいます。

 

rivals

例えば、「38 dgrees」さんはイギリスで勢いのあるキャンペーンサイトです。

その名のとおり、環境や気候変動といったテーマに強いですが、それだけでなく、国民保健サービス (NHS)やメディアのオーナーシップ、子どもの貧困など様々なテーマに取り組んでいます。2011年9月には、オックスフォード・インターネット研究所から「英国で最優秀のインターネット系NGO」と評されました。

「GetUp!」さんは、オーストラリアのオンライン政治コミュニティーです。メンバー数は60万人以上だそうですから、オーストラリアの全人口(約2200万人)のうち、3割近くの人が登録している計算になります。

また、「Care2」さんは、アメリカを本拠地として、ソーシャルネットワークサービスを提供しています。もちろんそれだけでなく、温暖化、持続可能な生活など環境問題を主なテーマとして署名を集める機能も提供しています。

さらに、同じく特定の課題・分野に強みをもつキャンペーン・サイトとして、「All Out」さんが挙げられます。「All Out」さんは、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーなど性的マイノリティーの総称)の権利を主として扱うオンライン政治コミュニティーです。

最後に、アメリカを本拠とする国際NGO「Avaaz」さんは、2000万人以上のメンバーを誇るオンライン政治コミュニティーです。環境、人権、動物愛護、貧困など多様なテーマを扱っており、14言語でキャンペーンを展開しています。

このように、Change.orgには多くの良きライバルたちがいます。

ライバル同士、お互いに切磋琢磨し合うことで、キャンペーンの技法が磨かれて行くのです。

Written by
Change.org
3月 27, 2013 4:26 pm